天気予報

31

23

みん経トピックス

特集

インタビュー2014-11-21

「連続優勝記録」の更新狙う、福井のご当地アイドル「せのしすたぁ」

  • 0

 福井市にある映画館「福井コロナシネマワールド」(福井市大和田町、TEL 0776-52-8822)で11月30日、「『せのしすたぁ』の福井にもっと恋したいライブ vol.5」が開かれる。

 「せのしすたぁ」は、みかさん・ゆーたんさん・まおさんの3人で構成される福井のご当地アイドルグループ。NHK「全国『あまちゃん』マップ!あなたの町おこしキャンペーン」福井県代表アイドル(2013年)、同「恋する地元キャンペーン(恋ジモ)」サポーターアイドル(2014年)の経歴も持つ。

 同市内でリハーサル中のメンバーとプロデューサー・マネージャーの森永康之さんを訪ね、活動の軌跡やライブ当日に向けた意気込みについて話を聞いた。

(撮影:前田龍央、撮影協力:カラオケ本舗まねきねこ 福井開発店)

(写真左から)みかさん、ゆーたんさん、まおさん

■現実を突きつける代表曲「アイドルなんてなっちゃダメ!ゼッタイ!」

 3人の活動は、福井県坂井市内のSC「アル・プラザ アミ」が企画した女子会グループ「ami~gas(アミーガス)」が起点だ。同グループがスタートしたのは2011年春。当初CM出演など販促活動を主としていたが、同店内でのライブ開催で次第にご当地アイドルの側面も見せるようになった。

 最初に飛び込んだのは、まおさんだった。「『ami~gas』1期生だった幼なじみに誘われて2期生として参加した。特にアイドル志望というわけではなかったけど、部活をやめて時間もあったし面白そうと思って軽いノリで応募した」と話す。

 ご当地アイドルとはいえ、販促目的のグループのため活動に制約があった。年少のメンバーがいることから遠方でのライブ開催は難しく、まして競合店で歌うことなどもってのほか。そこで生まれたのが、派生ユニットである「せのしすたぁ」だった。2012年10月にデビューした同ユニットの名前は、「せーの!」の掛け声に由来するものという。

 デビューにあたり森永さんは「衣装や楽曲など、回りと同じ事はやらない」と決めた。「アイドルが歌う恋愛の曲、特に歌詞の内容が不思議だった。10代の女の子たちが、本当にこんな事を考えているのだろうかと。大人が考えた『10代の恋愛観』を歌わせているだけではと感じていた」と力を込める。

 「回りと同じ事をやらない」の象徴が、代表曲の一つ「アイドルなんてなっちゃダメ!ゼッタイ!」だ。「将来の保障はない」「愛とか恋とかお預け」「ブームに乗ってもいつか終わる」など自虐的な歌詞をつづった。「10代の女の子にとって恋愛や友だちは一番価値あるもの。それらが奪われる事実を、アイドル志望の子たちに受け止めてほしいと思った」と森永さんは言う。

■ライブでなく、ファンと一体化した「パーティー」をつくる

 SCを離れてのライブ活動や「あまちゃん」公認アイドル就任などで知名度が上がりつつあった矢先、メンバー脱退が相次ぐ事態となる。今年2月、「これを最後に1人になってしまう」と臨んだ「KINGSX TOKYO」(東京都豊島区)でのライブ。最後の思い出にと、まおさんは観客を「あおる」パフォーマンスでフロアを駆け巡った。

 その熱量が森永さんの背中を押した。森永さんは新メンバーを投入した「第2期せのしすたぁ」の結成を決意。「ami~gas」メンバーでまおさんと年齢の近い、みかさんとゆーたんさんに参加を呼び掛けた。この時、2人の「ご当地アイドル活動歴」はわずか半年ほど。「せのしすたぁ」存続の危機を乗り切るための大抜てきだった。

 ゆーたんさんは、本業の仕事優先で活動する「兼業アイドル」だ。「ami~gasのライブに通ううちスタッフに加入を勧められたのがきっかけ。アイドル好きというより、福井の女の子たちが頑張る姿を応援する気持ちが大きかった。地元の子でなかったらここまで熱心に応援しなかったかも」。

 森永さんによると、全国でおよそ500組のご当地アイドルがメジャーマイナー入り乱れて活動中という。福井のような地方都市でアイドルを「職」として成り立たせるには、耳目を集める仕掛けを打ち出し続けるしかない。ギャング映画から着想したというモノトーンの衣装や音源無料ダウンロードなど、「メンバーが乗ってくれる事は何でもやる」スタンスで臨む。

「CLUB QUATTRO」(東京都渋谷区)でのライブの様子

 3人は自らのライブを「パーティー」と称する。ステージ上の演者だけで盛り上がるのでなく、観客と一体化した空間をつくりたいとの思いがあるからという。フロアへ駆け下りてのパフォーマンスに、ファンも「モッシュ」「リフト」と呼ばれる肉弾戦さながらのリアクションで応えることもある。

 「ami~gasに加わったころは、知り合いに『ライブ見たよ』と言われ照れくさかった。今もアイドル戦国時代の中にいる実感はないけど、今度のライブでこんな活動をしている子が福井にいると知ってもらえたら」とみかさん。常連のファンにも「アイドルっぽいかわいい衣装も予定しているのでお楽しみに」とメッセージを送る。

 最高の気持ちでステージを終えられた時、3人は決まって「優勝」という言葉を口にする。アイドルフェス「京都I博」出演時にふと口をついて出たものだが、今や定番の締めの一言となった。2カ月ぶりとなる福井でのライブ。いつもの一言で「連続優勝記録」を塗り替えることを期待したい。

 16時開演。料金は、1,500円。

福井・勝山でアイドルフェス-福井出身の武田舞彩さんも熱唱(福井経済新聞)

金沢で「北陸アイドルフェスティバル」初開催-全国のご当地アイドル集結(金沢経済新聞)

せのしすたぁオフィシャルブログ

グローバルフォトニュース