見る・遊ぶ 暮らす・働く

福井県が「下手ラップ」MV 「Kazu」さんら出演、新幹線開業に向け魅力発信

MVのワンシーン。福井県のマスコットキャラクター「はぴりゅう」も出演

MVのワンシーン。福井県のマスコットキャラクター「はぴりゅう」も出演

  • 59

  •  

 福井県新幹線開業課が12月25日、観光PRソング「きてみね~の!」のMV(ミュージックビデオ)をユーチューブに公開した。

同MVと連動し、プリスカさん(南アフリカ共和国出身、写真)、ダニエラさん(イタリア出身)の女性2人が県内各地を訪れる観光動画「きてみね~の 福井!」も順次公開する

 福井県が昨年度行った「“ワクワク・ドキドキ”新幹線開業アイデアコンテスト」の入賞プラン「福井県下手ラップ動画配信事業」で生まれたラップ調のPRソング。福井在住のレゲエアーティスト「JUSTY WIDE」さんが作詞・作曲を手掛けた。

[広告]

 MVは本編(約3分20秒)、ショートバージョン(約1分40秒)の2本で、本編はニュース番組風の構成で展開。県内各地の住民らが登場し、観光名所、特産品、魅力などをダンスなどを交えてPRする。福井在住のユーチューバー「Kazu」さん、福井商業高チアリーダー部「JETS」のメンバーらも出演する。

 歌詞には「福島や福岡と間違えられがち」「駅前に人も少ないから堂々と恐竜放し飼い」「今でも走る路面電車 でも移動手段ほとんど車」など、福井の現状を織り込んだ。同課ホームページで、歌詞カード、県民・ソロ・カラオケ各バージョンの音源ファイルを無償公開する。