食べる 買う

福井の酒蔵2社、橘ケンチさんコラボ新商品 新幹線開業に合わせ県内限定で

両商品のボトルと化粧箱

両商品のボトルと化粧箱

  • 8

  •  

 「EXILE/EXILE THE SECOND」メンバー・橘ケンチさんと福井県内の酒蔵によるコラボレーション日本酒の販売が3月16日に始まる。

「黒龍 あどそ 橘」の酒米を栽培した、大野市阿難祖地区の風景

[広告]

 福井市、市と地域活性化連携協定を結ぶエンターテインメント企業「LDH JAPAN」(東京都)、常山酒造(福井市)、黒龍酒造(永平寺町)による官民連携型商品。「福井市食のPR大使」も務める橘さんが、イメージ構想、田植え、仕込み、テイスティングなどに携わった純米大吟醸酒2種を、北陸新幹線延伸開業に合わせて県内限定販売する。

 いずれも、橘さんにちなんで商品名に「橘」を冠した。常山酒造が販売する「常山 橘」は、精米歩合50%、アルコール分15度。酒米は福井市美山上味見地区産の特別栽培米で、「美山錦」と「山田錦」でそれぞれ醸造した原酒を調合した。

 同社の常山晋平社長は「美山錦の直線でシャープな切れ味と、山田錦の曲線のようなエレガントで膨らみのある味わいが絶妙に合わさったジューシーさとキレの良さが特徴。春の食材とのペアリングなら、フキノトウの天ぷら、ホタルイカ、サクラマスなどがお薦め」と話す。

 黒龍酒造の「黒龍 あどそ 橘」は、精米歩合50%、アルコール分17度。大野市阿難祖(あどそ)地区産の酒米「五百万石」を100%使用した。企画営業課の高松雄平さんによると「さわやかで上品な香り、甘みとふくらみなどを伴った味わいの深さが特長」という。

 いずれも、橘さんのメンバーカラーであるブルーを基調にしたパッケージで、北陸新幹線W7系の車体を想起させるデザイン。ラベルや化粧箱に左三つどもえの紋をあしらい、福井市、LDH JAPAN、2つの酒蔵の協力体制を表現した。

 日本酒造青年協議会の「酒サムライ」就任の経歴を持つなど、日本酒の魅力の情報発信をライフワークとする橘さん。販売開始を前に、「地元の皆さんに福井県嶺北地方の素晴らしさを再発見してもらうとともに、他のエリアの人たちが足を運んで越前福井の魅力を存分に感じてもらえる機会となれば」と期待を込める。

 両商品とも、内容量は720ミリリットル、価格は3,850円。福井駅西の複合施設「ハピリン」内の福井市観光物産館「福福館」、福井県内の両社特約店などで販売する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース