3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

福井の夏フェス、第2弾出演発表にSuchmosら6組 中高生対象の「出世払い」企画も

第2弾アーティストとして発表されたSuchmos

第2弾アーティストとして発表されたSuchmos

  •  
  •  

 福井市内で行われる夏フェス「ONE PARK FESTIVAL 2020」第2弾アーティストが3月26日、明らかになった。

記者会見で出演アーティストを紹介する「社長」さん(右)。実行委員会は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う開催有無について5月下旬に判断する予定という

 同フェスは7月4日・5日、福井市中央公園(福井市大手3)で「街全体が一つのテーマパークになる音楽フェス」を掲げて行われる。開催は昨年に続き2回目。実行委員会などのまとめによると、昨年は2日間で約1万人を動員し約6億4,000万円の経済波及効果をもたらしたという。

[広告]

 福井駅西にある「響のホール」(中央1)で記者会見があり、音楽顧問でジャズグループ「SOIL & “PIMP" SESSIONS」アジテーターの「社長」さんらが第2弾アーティストの発表を行った。明らかになったのは、Attractions、Sunaga t Experience、クボタタケシさん、CIRRRCLE、おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)、Suchmosの6組。AttractionsとSunaga t Experienceは昨年に続き2回目の出演。

 会見では福井市が募集する、ふるさと納税活用のクラウドファンディングも発表された。目標額は1,000万円。返礼品として、2日通し券、フェス限定オリジナルTシャツ、会場への交通費・宿泊費などを含む「堪能セット」などを用意する。支援金はトラストバンク(東京都目黒区)が運営する「ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』」で受け付け、支援金は音響デザイン、キッズスペース運営などの資金に充てる。募集は4月2日から。

 4月1日、1日券(8,800円)の販売を始める。児童・生徒・学生が対象となる学割(5,500円)を設けるほか、中学生・高校生を対象に、未来の福井への貢献プランを投稿してもらう「出世払いキャンペーン」を行う。実行委員が投稿内容を選考し、優秀投稿者に2日間有効の招待券を進呈する。6月30日締め切り。

Stay at Home