3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

福井ゆかりのバンド、「CDショップ大賞」北陸賞に 「宝物のような作品」と称賛

「切ったら、空」ジャケット。同ユニットのメンバーがアートワークを手掛けた

「切ったら、空」ジャケット。同ユニットのメンバーがアートワークを手掛けた

  •  
  •  

 福井ゆかりの音楽ユニット「tonari no Hanako(トナリノハナコ)」のCD「切ったら、空」が3月12日、「CDショップ大賞2020 北陸ブロック賞」を受賞した。

「メンバー全員が裏方を好むクリエーター気質」という

 CDショップ大賞は、NPO法人「ミュージックソムリエ協会」(東京都港区)が2009(平成21)年から行っている音楽賞。受賞作は全国のCDショップ店員の投票のみで選ばれ、石川県を拠点に活動するラップユニット「YOCO ORGAN(ヨーコオルガン)」や、今夏福井市内で行われる「ONE PARK FESTIVAL 2020」に出演するKan Sanoさんらが過去に北陸ブロック賞を受賞している。

[広告]

 「切ったら、空」は昨年6月に発売した6曲入りのファーストEP。生演奏のループフレーズを基本に、ジャズやシティーポップなどのエッセンスを取り入れた楽曲で構成する。ユニットは福井出身のメンバーを含めた5人編成で、プロデューサーでボーカルの「ame」さんが全楽曲の作詞・作曲を手掛けた。

 ameさんによると「ライブハウスで大音量で盛り上がるような楽曲が苦手で、1人のリスナーとして『引き算の音楽』を作りたいと考えたのがきっかけ」。表立ったライブ活動を基本的に行わず、CD、ラジオ、ストリーミングサービスなどで聴き手を広めるというポリシーで、「バンド形態を取る音楽ユニットとしては珍しい活動方針では」と話す。

 ユニット名は、「あなたの隣に誰かがいたとして、それでも隣で恋をする」という心象風景に由来する。ameさんは「人や世界を愛する気持ちを楽曲に投影している」と言い、「夕暮れの風景を見た時や、かなわない恋の話を聞いた時など、切ないけれど美しい瞬間を歌詞にして取っておきたくなる」と話す。

 CD発売後、NACK5(さいたま市)、FM石川(金沢市)などFM局のパワープレー楽曲になるなどメディア関係者の注目も集まった。「CDショップでは、aikoさんやback numberなどのCDと並んで陳列され、思わず記念写真を撮ってしまった。『2019年、いちばん衝撃を受けたCD』『うそのない音楽』『全世界観が好き』といった店頭ポップもうれしかった」

 3月12日、北沢タウンホール(東京都世田谷区)で授賞式があり、関係者から「いい意味ですんなりと聴かせてはくれないメロディーライン」「ぜひ手に取っていただきたい宝物のような作品」など授賞コメントが寄せられた。ameさんは「ラジオやウェブを軸に活動をさらに展開し、『好き』と言ってくださる方の輪を広げていきたい。tonari no Hanakoの曲で心が豊かになる方が1人でも多く増えれば」と話し、福井県内のファン拡大に意欲をのぞかせる。

 ユニットは3月25日、セカンドEP「青ざめて春」の発売を予定し、3月13日に同収録曲「空が途方に暮れる色」の先行配信を始める。リリースイベントの一環として4月27日、TSUTAYA金沢店(金沢市西念4)でインストアライブを行う。

 「切ったら、空」は2,200円(税別)。北信越エリアのTSUTAYA直営店で取り扱う。

Stay at Home