見る・遊ぶ

福井市文化会館、53年の歴史に幕 夢託すメモリアルイベント「つなぐ」開催へ

本番に向け、舞台でリハーサルを重ねる出演者

本番に向け、舞台でリハーサルを重ねる出演者

  • 55

  •  

 福井市文化会館(福井市春山2)で3月20日、舞台イベント「つなぐ」が行われる。

3月末で閉館する福井市文化会館。1階ロビーで「ありがとう! 文化会館 パネル展示会」が行われている(催事開催日を除く、9時~17時)

 老朽化に伴い3月末で閉館する同館メモリアルイベントとして、館内に拠点を置くNPO法人「福井芸術・文化フォーラム」が企画。「コロナ禍で発表の場がなかなか持てない中、フォーラムゆかりの人たちと共に文化会館の締めくくりとなるようなイベントを開催できれば」(専務理事・中埜浩之さん)と昨秋から準備を進めてきた。

[広告]

 プログラムは、ロープを生き物などに見立てた「オブジェクトパフォーマンス」スクール受講生のパフォーマンス、日本舞踊(長唄、民謡)、箏の演奏などで構成する。後半には、同館所有の米スタインウェイ社製グランドピアノ2台、バイオリン、箏、鍵盤ハーモニカ、混声合唱などによる「めぐりゆく四季のなかで」の発表もある。

 同フォーラムの設立は2000(平成12)年で、中埜さんは「20年の積み重ねを基に、文化会館閉館後もフォーラムの活動を何かの形でつないでいければという思いをタイトルに託した」と説明。ピアノを2台使った自主企画は久しぶりと言い、「立案当初から2台の持ち味を生かした企画にしたいと考えていた。文化会館の名称が無くなっても、来ていただいた方の記憶に長く留まれば」と話す。

 関連イベントとして21日14時から、同フォーラムや、福井県内の福祉・教育関係者などが手掛けるワークショップ事業「みんなで舞台に立とう!! シーズン15アゲイン」(一般500円、高校生以下無料)も行われる。

 同館は1968(昭和43)年、福井市政80年・福井国体開催などを記念し開館。音楽、演劇などの公演のほか、児童・生徒の発表会、成人式の会場などとして親しまれた。4月以降、同フォーラムは多目的施設「フェニックス・プラザ」(田原1)内に拠点を移して活動を続ける。

 18時30分開演。料金は、中学生以上=1,000円(前売り、当日とも)、小学生以下無料。未就学児も入場できる。同館事務所、同フォーラム事務所などでチケットを取り扱う。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース