買う

福井ロフト、西武福井店本館に移転オープン フロア集約で利便性向上

移転オープンした同店のエントランス

移転オープンした同店のエントランス

  • 18

  •  

 福井ロフトが3月12日、福井駅西にある西武福井店本館(福井市中央1)6階に移転オープンした。

文具売り場では筆記具にスポットを当てた「ロフトのペン覧会」を展開。水ようかん、羽二重(はぶたえ)餅、清涼飲料水「さわやか」など福井ゆかりの商品と、文具を組み合わせた「ご当地ディスプレー」も

 北陸新幹線福井・敦賀開業を見据えた同店リニューアルの一環で、2月末閉館した同店新館(同)で複数フロア展開していた売り場をワンフロアに集約した。

[広告]

 売り場面積は約220坪。文具雑貨、健康雑貨、バラエティー雑貨、生活雑貨の4領域で計約1万8000アイテムをそろえる。同じく新館から移転オープンした無印良品が隣接し、ロフト(東京都渋谷区)広報・渉外部の池田晶子さんは「2つの店の客層は似通っており、お客さまにとって買い回りの利便性が向上したのでは」と話す。

 同社限定販売商品や先行販売商品もそろう。コスメ売り場で展開する「ロフトのコスメフェスティバル2021SS」コーナーでは、取扱約370品目のうち限定デザインコスメが9品目、先行販売商品が170品目を占める。ランチスタイルの多様化に応えた「BENTO FES ~みんなのお弁当じかん~」コーナーにも抗菌タイプの弁当箱など限定販売商品が並ぶ。

 池田さんは「ロフトは1987(昭和62)年の1号館オープン以来、『時の器』をコンセプトにした品ぞろえで店舗展開してきた。福井店の売り場にも並ぶスマート防災関連用品や、巣ごもり需要に応えるコンパクトなキッチン家電などはまさに、時代の空気を映し出した商品群と言える。幅広い層の方々に、隠れたいい物の発見に来ていただければ」と呼び掛ける。

 オープンを記念し、フェアトレードコットン使用の「ロフトオリジナルおかいものバッグ」を進呈する。2,000円(税込み)以上の購入客が対象で、先着2000人。同社スマホアプリ利用者を対象とした「ロフトク5%オフ」キャンペーンも展開し、一定条件の下で買い上げ合計額から5%を割り引く。3月21日まで。

 営業時間は10時~19時30分。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース