見る・遊ぶ

福井のアイドル「せのしすたぁ」、あわら市で「ユンボでぶっ壊しライブ」 ベスト盤発売記念し

ユンボを操作しながら笑顔でパフォーマンスするまおさん

ユンボを操作しながら笑顔でパフォーマンスするまおさん

  •  
  •  

 福井の2人組アイドルユニット「せのしすたぁ」が8月25日、福井県あわら市内で「ユンボでぶっ壊しライブ」を行った。

ライブの一場面。高所作業車を使ったパフォーマンス

 同日に先行販売が始まったベスト盤「THIS IS BEST!!」リリースイベントの一環。イベントは「メンバーの夢をかなえよう」というコンセプトで企画し、油圧ショベルに乗ってのライブを思い描いていたメンバー「まお」さんの夢が実現した。

[広告]

 あわら市菅野の建設資材置き場に設けた会場に、「ユンボを使ったライブはアイドル界で異例」(広報スタッフ)というイベントを一目見ようと、福井、石川、京都、鳥取などから100人以上のファンが駆け付けた。同時に行ったユーチューブライブでも約130人が視聴しライブの行方を見守った。

 同ユニットの母体グループである「アミ~ガス」のオープニングアクトに続き、メンバー「ゆーたん」さんの笛の先導に合わせユンボに乗ったまおさんが登場。代表曲「アイドルなんてなっちゃダメ! ゼッタイ!」のイントロに乗ってライブハウスを模したセットをショベルで豪快につぶすと、ファンの間から大きな歓声が上がった。

 ライブは「アイドルなんて…」のほか、「パーティーはこれから」「ハートブレイカー」「YES!!」「ラストチューン」というアルバム収録曲計5曲で展開した。まおさんが「別の建設機械も気になっている」と高所作業車に乗って歌う場面もあり、冗談めかして「(高所でしばしばパフォーマンスする)ジャニーズのアイドルを超えたかも」と会場を沸かせた。

 MCでは、まおさんが「5年分の足跡がしっかり収められた内容で、過去に出したシングルやアルバムの中で一番の出来」と満足した様子で制作を振り返った。「過去の作品を超えたという意味で行いたい」と再びユンボに乗り込み、「(2017〔平成29〕年に卒業したメンバー)みかちゃん、一緒に思い出を作ってくれてありがとう」と感謝しながら既発表のCDをショベルで破壊するという「儀式」の時間もあった。

 会場では機材サポートに当たった角谷木材建設(あわら市矢地)社員がドリンクやかき氷などの販売ブースを出展し来場者を迎えた。福井市内から訪れたという男性ファンはかき氷を食べながら「どんなライブなのか予想がつかなかったが、この目に焼き付けておきたいという使命感で訪れた。想像以上に大きいユンボをまおさんが操っていて驚いた」と興奮した様子だった。

 まおさんによると、イベントの企画が具体的に持ち上がったのは約1カ月前だったという。「さまざまな人たちの応援のおかげで3日ほどで具体像が固まり、やりたいことは言い続けた方がいいということを感じた。決して交通アクセスが良いとは言えない場所に多くの方が来てくださったこともうれしく、こうしたイベントをまたやりたいと思った」と振り返った。

 前日24日もリリースイベントがあり、「自分の飲み屋を持ちたかった」というゆーたんさんが店主を務める「スナックゆーたん」を坂井市丸岡町内で展開した。ゆーさんさんは「ゲームの時間などを設けるファンイベントでなく、お酒を飲んでただ過ごすだけという内容で行った。隣り合った人同士が交流を深められる場になり、アイドル活動が人と人とをつなげていることを実感できた」と話した。

 アルバムの価格は税別3,000円。9月上旬から全国のCDショップなどでも販売を予定する。

  • はてなブックマークに追加