見る・遊ぶ 暮らす・働く

福井駅西で「交通フェスタ」 鉄道写真家・南正時さんトークも

福井駅電停で並ぶ「レトラム」と「キーボ」

福井駅電停で並ぶ「レトラム」と「キーボ」

  •  

 福井駅西口の複合施設「ハピリン」(福井市中央1)1階の多目的広場「ハピテラス」で3月24日、「ふくい交通フェスタ」が行われる。

同日、「福井城址大名町」に名称が変わる福井鉄道市役所前電停

 2022年度の北陸新幹線敦賀開業など福井の交通体系の展開に関心を持ってもらおうと、福井県並行在来線対策協議会と福井県クルマに頼り過ぎない社会づくり推進県民会議が企画した。昨年に続き2回目。

[広告]

 ステージイベントとブースイベントの2本立てで構成する。ステージでは、鉄道写真家南正時さん(越前市出身)が福井の鉄道の魅力を語るトークショー、シンガー・ソングライター「せりかな」さん(同)のライブ、「福井の公共交通の現状と今後」と題した関係者によるトークセッションなどを行う。

 ブースイベントとして、ミニ鉄道乗車体験コーナー、バスの乗り方教室、運転手なりきり撮影会、同市内を走るコミュニティーバス「すまいる」の新車両披露、飲食ブースなどを展開する。

 会場に隣接する福井鉄道福井駅電停では、同社のドイツ製車両「レトラム」と、通常は同電停に乗り入れないえちぜん鉄道の新型車両「キーボ」とのツーショットタイムも行う。実施時間は12時20分ごろと13時ごろの2回。

 同日、田原町駅(田原1)で行われる「田原町フェスタ」とも連動し、両会場で記念撮影した来場者にプレゼントを用意する。午後は、両会場間を「2018福井しあわせ元気国体・障スポ」キャラクター「はぴりゅう」と共に電車で移動するミニツアーも行う(先着20人程度)。

 開催時間は9時30分~15時。入場無料。