食べる 見る・遊ぶ

福井・池田で「食の文化祭」開催へ 動画配信と通販によるリモートイベントも

参加店舗のほとんどは野外または半野外という

参加店舗のほとんどは野外または半野外という

  • 14

  •  

 福井県池田町で11月7日・8日、「いけだ食の文化祭2020」が行われる。

「レッツ!手前みそ!」と銘打った、みそ造り体験の様子

 「池田の食と人と景色を楽しむ」をテーマにした恒例のイベントで、地元有志らでつくる実行委員会が主催。食と体験の二本柱で、ガイドマップを手に町内の生産者らを訪ね歩くプログラムを展開する。

[広告]

 食では同町産有機栽培米などを使った丼物、ジビエ料理を販売する店舗など約30店が出店。体験では、みそ造り、火打ち石で起こしたたき火を使ったマシュマロサンド作り、同町発祥のウッドスポーツ「木(キ)ッター」など約10店舗が参加する。8日には、生ごみを堆肥化する町民活動「食Uターン」体験と店舗巡りを組み合わせたツアーも行う(要予約)。

 新たな取り組みとして、動画配信とネット通販を組み合わせたリモートイベント「おうちで食の文化祭」もある。会場で購入できる商品を詰め合わせた「おうちで食の文化祭セット」をネットで事前販売し、イベント開催日に合わせてクール便で配送する。

 セット内容は、同町産特別栽培コシヒカリ、真空パックの餅、季節の野菜、菓子、加工品など。商品貼付のQRコードを読み取り、生産者や販売者のインタビュー動画を見ることができる。販売期間は10月7日~20日。販売数は、7日分・8日分とも限定20セット。

 新型コロナウイルス感染症予防対策として、出店店舗には日本フードサービス協会(東京都港区)制定のガイドライン遵守を要請する。来場者にも、マスク着用、消毒用品の持参、接触確認アプリ(COCOA)の導入などを呼び掛ける。今後の感染状況によりイベント中止の場合も、「おうちで食の文化祭」は行う。

 開催時間は10時~16時。入場無料。体験イベントの一部は予約が必要。

Stay at Home