食べる

福井の地酒「九頭龍」がキャラクター化 動画配信アプリ「&CAST!!!」で展開

「星野リゾート OMO5 東京大塚」内のコラボレーションルームに展示される、「九頭龍」のオリジナルラベル ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

「星野リゾート OMO5 東京大塚」内のコラボレーションルームに展示される、「九頭龍」のオリジナルラベル ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

  •  
  •  

 福井の蔵元「黒龍酒造」(永平寺町松岡春日)が製造販売する地酒「九頭龍」がイケメンキャラクター化され、声優ファンなどの間で話題になっている。

鯖江市指定文化財の「石田縞」もキャラクターデザインに盛り込まれた。石田縞は「九頭龍」ラベルのモチーフにもなっている ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 キャラクターは、バンダイナムコエンターテインメント(東京都港区)の視聴者参加型動画配信アプリ「&CAST!!!」などで展開するコンテンツ「神酒ノ尊-ミキノミコト-」の一環として誕生した。同コンテンツは全国各地の地酒をキャラクター化するプロジェクトで、福井の蔵元では現在、黒龍酒造のみが参加している。

[広告]

 黒龍酒造経営企画部の前田伊穂さんによると、プロジェクト参加のオファーがあったのは昨年2月ごろ。「そばに寄り添う酒」を掲げる同ブランドのコンセプトを基に両社が協議を重ねてキャラクターをデザイン。昨年11月下旬、同プロジェクト第5弾キャラクターとして発表された。

 「燗良し冷やして良し」という味わいから、燗(かん)酒の温もりを感じさせる暖色系の色合いにまとめ、着物には同社の屋号などに由来するシンボルマークをあしらった。眼鏡を掛けさせたり、同町にある国内唯一のハープメーカーにちなんだペンダントを下げさせたりと、「福井色」を打ち出す小道具にもこだわった。

 同プロジェクトは現在、ホテル「星野リゾート OMO5 東京大塚」(東京都豊島区)や、文化放送(東京都港区)などとのコラボレーションを展開。文化放送「超!A&G+」と「&CAST!!!」との連動番組「LOVE SAKE by 神酒ノ尊」では同キャラクターの声優を務める大河元気さんが出演し、実際に「九頭龍」を試飲するという場面もあった。

 黒龍酒造は過去にもマンガやゲームとの共同企画を行っており、前田さんは「『神酒ノ尊-ミキノミコト-』をきっかけに新たな日本酒ファンの獲得につながれば」と期待を寄せる。7月上旬、福井市内で行われる夏フェス「ONE PARK FES」ではコンセプトカー「九頭龍ワゴン」での出店を予定し、県内外の音楽ファンへの浸透も図る。

  • はてなブックマークに追加