見る・遊ぶ

福井・鯖江の商店街でジャズイベント ジャムセッションワークショップも

「たんなん夢レディオ」スタジオで、ポスターを手にする石川さん

「たんなん夢レディオ」スタジオで、ポスターを手にする石川さん

  •  

 福井県鯖江市の古町商店街(鯖江市本町)で9月9日、音楽イベント「Tannan JAZZ Street 2018」が行われる。

昨年の様子。イベント当日、同局の番組で生放送を予定する

 商店街にあるコミュニティーFM局「たんなん夢レディオ」(同)が企画し、今年で4回目。初回から企画を担当する同社の石川優也さんは「県内でのジャズイベントは福井市内での開催が中心。ライブハウスで演奏される機会が多いジャズを商店街から発信することで、面白い相乗効果が起きるのではと立案した」と振り返る。

[広告]

 商店街に設けた特設ステージで、県内外で活躍中のミュージシャンによるコンボ「T.J.P」、福井在住のサクソフォン奏者・白井淳夫さん率いるビッグバンド「白井淳夫 Swingin' Band with 三好由美」、宇多田ヒカルさんやJUJUさんらのアルバムにも参加したジャズピアニスト坪口昌恭さん(福井出身)によるライブなどを展開する。県内外の飲食店などが出店する「さばえ街なか商店街 秋の夜市」も並行して行う。

 9月8日18時から、カフェ「Rag Time Classics」(越前市幸町)で坪口さんが指導するジャムセッションワークショップを行い、イベント当日に参加者によるライブも予定する。対象は、ボーカル、コーラス、ピアノ、吹奏楽、軽音楽などの経験者。参加料は2,000円(1ドリンク代別途)。事前申し込みが必要。

 自らもジャズのビッグバンドで活動する石川さんは「イベント運営に当たっては、商店街など地域の人たちと連携した手作り感を大切にしている。ワークショップでは(県東部の)大野市から参加した中学生もおり、丹南エリアから新たなジャズユニットが生まれるきっかけとなれば」と期待を寄せる。

 時間は16時~20時。観覧無料。