特集

「アイドル♪オーケストラ RY's」がニューシングル
福井出身・濱頭優さんらに制作秘話を聞く

  •  

 福井県敦賀市出身の濱頭(はまがしら)優さんが所属するアイドルグループ「アイドル♪オーケストラ RY's(リィーズ)」のニューシングル「#青春1・2・3」が3月21日、ハミングバード(東京都港区)から発売された。

 同グループは2015年結成で、「YUU」こと濱頭さんのほか、RIOさん・RUKAさん・JINさんの計4人で構成。「踊るヴァイオリニスト」RIOさんの演奏や、クラシックの名曲を巧みに組み込んだ楽曲などを武器に、ウィーン国立歌劇場(オーストリア)での単独ライブ開催を目標に活動する。

 シングル発売に合わせ3月9日、福井でインストアライブなどのイベントを行った同グループ。1月に新リーダーになったばかりというYUUさん、RIOさん、JINさんにレコーディングやミュージックビデオ制作時のエピソードなどを聞いた(RUKAさんは石川県金沢市でのキャンペーンのため同席しませんでした)。

(撮影:上田順子)


左から、RIOさん、YUUさん、RUKAさん、JINさん

■「アイドルの王道っぽいノリのいい曲だなって」

-ニューシングル「#青春1・2・3」、すごくかっこいい曲ですね。ストレートなロック調というか、今までのRY'sに無かった曲調で。

YUU(以下、Y) 初めて聴いたとき、アイドルの王道っぽいノリのいい曲だなって思いましたね。ライブに来たお客さんがコールを入れやすそうって。

JIN(以下、J) そうそう。乗りやすい曲だなって。

Y 青春時代ってつらいことが多いと思うんです。そんな時に背中を押してあげられるイメージの楽曲だなと思って。

-RIOさんもイントロから弾きまくってますよね。

RIO(以下、R) チュルルルーって感じで(笑)。

-最初に音源が来た時の第一印象はどうでした?

R RY'sが今まで出してきた曲の中で一番高い音が出る曲だったんですね。それが一番印象的で「キター!」って感じで。

-ヴァイオリニストとしてゾクッとしたわけですね。

R ライブでは弾きながら踊るので、作曲者の方もハイポジションの音は間奏くらいにしか入れないんですけど、今回は全体的に高めの音で。「RY'sってこんな高い音を出すようになったんだ」と成長を感じています。

-JINさんは「#青春1・2・3」が初レコーディング?

J 初めて録音したのは(カップリングの)「明日、晴れるかな?」だったんですけど、CDとしての発売は今回が初めて。初めて「#青春1・2・3」を聴いたときには私もかっこいいなと感じたし、早く歌って踊りたいって、すごく思いました。

-歌詞は陸上競技をモチーフにしていますが、広い意味での応援ソングという印象も受けました。

Y そうですね。好きな人だけでなくて、親しい友だちに「頑張ってね」と声を掛けるような場面も思い浮かべながら歌っています。

-RY'sの曲といえば、イントロや間奏などにクラシックの名曲が盛り込まれています。今回はショパンの「ノクターン」が入っていましたが、どんな世界観でソロを組み立てました?

R ノクターンは忘れてました(笑)。毎回、原曲をあまり意識せずに弾いてるんです。バイオリン用にアレンジされているので全く同じリズムや音程では弾いてなくて。ショパンとRY'sがガチャッと合体!みたいな(笑)。

Y RIOちゃんの謎解説です(笑)。

-今までのシングルも含めてそうなんですね。

R 原曲のフレーズを最低限残しつつも、あくまでRY'sの楽曲だってことを意識してますね。「#青春1・2・3」のソロに関しては勢いよく、1回か2回くらいでレコーディングできました。

-JINさんは昨年7月にRY'sに加わっています。どういうきっかけで加入したのでしょう?

J 事務所のスタッフがメンバー募集を見掛けたのがきっかけ。その後RY'sのスタッフと会うことになって「やってみる?」「やります!」って。ボーカル担当として参加することになりました。

-楽器の経験はあるんですか?

J 小学生の時にトランペットを吹いていたんですけどそれっきり。一応ギターは持ってるんですが、クラシックギターではないですし…4年間ぐらい放置してます(笑)。

Y JIN弾けるよ。今からでも弾ける弾ける!

-JINさんはレコーディングで記憶に残った出来事はありますか?

J 録音してすぐ自分の声が再生されるというのがドキドキしました。超初心者の意見ですけど、自分の声が本当に入ってるんだあって(笑)。しかも今回の新曲はソロパートがあるんですよ。レコーディングの時には知らされていなくて、てっきりみんなで一緒に歌うと思っていて。だからライブはすごく緊張しますね。

-すでに都市部のリリースイベントなどでは披露しているんですよね。

J ソロパート歌ってます。なんとか歌ってます。

Y うまいです。大丈夫です。JIN、歌えてるって。

J ボイストレーニングも頑張ってます。メンバーと一緒に。

■「20歳を境に自分探しが落ち着いた感じ」

-カップリングは「#青春1・2・3」と全く違う雰囲気の曲ですね。

Y デート前のドキドキを歌った「明日、晴れるかな?」と、失恋した後も相手を好きでいたいという気持ちを歌った「Do You Remember Me?」は、どちらも愛について考えさせられる楽曲だなって。人を愛するということにはいろんなアプローチがあると思っているので、応援ソングの「#青春1・2・3」とは別に、裏テーマの「愛」を感じていただけたらなと。

-「Do You Remember Me?」の2番サビの後、3拍子の間奏に切り替わるアレンジも面白いですよね。

R 「Do You Remember Me?」では和風の音階を使っている箇所もあるんです。今までの楽曲にはあまり無い日本っぽい雰囲気を感じ取ってもらえるので、じっくり聴いてもらえればなと思います。

-MV(ミュージックビデオ)は天候に恵まれたロケでしたね。

Y 天気は良かったんですけど、2月上旬ぐらいに撮ったので寒かったですね。春をイメージしたMVなんだけど実は冬だったという(笑)。

R しかも衣装を着てね。

Y 私はいつも袖なし衣装担当なのでJINがうらやましかったです。

R 「バイオリンを持って『欽ちゃん走り』みたいに走っていいですか?」って監督さんに聞いたら、「そこまで面白くやらなくていいよ」って言われて…。この衣装で陸上競技場を走ってるというだけで面白いから、突き抜けてもいいんじゃないかなと思ったんですけど(笑)。

-JINさんはラジオのレギュラー番組(響ラジオステーション「アイオケ♪RADIO」)で、スポーツが得意というようなことをおっしゃっていましたね。

J 中学・高校とテニスをやっていたので体を動かすのは好きですね。でも、走るのはメンバーの中で一番遅かったんです。MVをよく見てみると私が一番遅くて。YUUちゃんめっちゃ速かったよね。

R 監督さんに「あんまり速く走らないで」って言われてたのに全力で走ってね。RUKAちゃんとYUUちゃんが。

Y 自分を追い込む競技が好きなんですよね(笑)。

R やめて怖いから(笑)。

Y 走るんだったら1位でゴールしたいっていう…もともとそういう性格みたいです。

-負けん気が強い性格?

Y 他人と比べて悔しいと思うのでなくて、いい成績を残さなかった自分に悔しさが湧くんですよね。テストで100点を取りたいと思ったのに99点になったりすると、「なんで1点落としたんだろう」っていう自分への怒りが湧いてきて、思っていた通りでない結果に対して自問自答を始めちゃうんです(笑)。

-2月25日に20歳になって、性格や考え方に変化が現れたりしています?

Y 皆さん自分探しに迷う時期ってあると思うんですけど、それって「青春の特権」だったんだなと感じるようになりました。私自身は20歳を境に自分探しが落ち着いた感じです。今までは「これからどうしよう」とか「自分ってどういう人間なんだろう」って落ち込むこともあったんですけど、いろいろ先回りして考えられるようになりました。昨年の秋から4カ月くらい、中国に短期留学に行った経験も生きているのかなと。

-RIOさん、メンバーの中でのお姉さん的存在としてYUUさんの話をどう受け止めました?

R 私、もう27歳ですけれど、いまだに自分探ししてますから……すごいなと思います。

Y 何を言ってらっしゃるんですかRIOさん(笑)。

R 私の場合、日々の小さい課題をこなしていったらこの歳になったという感じですから。すごいですよね、今の話。20歳で自分が分かるって。リーダー! さすがです。

■「いい時期に留学できたなと思っています」

-リーダーといえば、YUUさんが新リーダーになるという話はいつ知ったんですか?

J (今年の)1月27日の「楽団員会議」だよね。RY'sではファンミーティングのことを「楽団員会議」って言ってるんです。

R メンバーも知らなくて。

J そうそう、知らなかった。

Y ステージ上で「重大発表」という演出でしたね。本当に知らなかったんですよ。短期留学から帰ってきて1~2週間たってたかなというタイミングで。ただただ驚きで。昨年秋に前リーダーが卒業してそのままリーダーが空席だったんですけど、新リーダーはRIOちゃんだとばかり。

R いやいや。私だったら分かりやす過ぎるじゃないですか。一番年上のメンバーがリーダーって。ほかのメンバー3人がみんな同い年なので、3人のうちの誰かだろうなと思ってました。私、リーダーにならなくても言いたいこと言っちゃうタイプだから(笑)。

J グループのこと客観的に見てくれています。お姉さんだなって気がします。

R YUUちゃん、数日後からパッと気持ち入れ替えてたよね。「ユニットを良くしていきたい」って夜中に私に電話を掛けてきたり、「こんな風に話したいんだけど、どうしたらいいと思う?」とか相談してきたり、毎回のライブの後に反省会を開いたり。発表の時には「えーっ」っていうリアクションだったのに、3日くらいで気持ちを入れ替えて、いきなりリーダーになった感じですよね。ちゃんとまとめて。

-短期留学の間、インスタグラムで現地の様子を報告していましたが、YUUさんの投稿をご覧になって意外な一面を発見したことはありましたか?

J 食べ物の写真ばっかり載せてた…よね?(笑)

R 「中国語を本当にしゃべってるんだ」って思った(笑)。インスタの文章が中国語でね。

-それまではライブのMCで披露するくらいでしたからね。

R 中国語の課題で私のことを紹介してくれたんですよ。私は中国語はよく分からないけど、レポートみたいなのが送られてきて「YUUちゃんすごい!」って。

-短期留学の間はボイストレーニングやダンスなど、アイドル活動に通じるようなレッスンは無かったんですよね?

Y そういうことは全くしてなかったです。でも、中学1年生から続けている芸能活動を一時期離れることで、自分の考え方や価値観を見直す、いいきっかけになりました。外国の方といると、日本という空間で当たり前だと思ってたことが当たり前でないことが分かったし、海外という環境で「自分はどうしていくべきか」という軸を立てていながら生活リズムを作っていかなきゃいけなかったし。いろんな方を見てすごく勉強になりました。自分にとってはいい時期に留学できたなと思っています。

-その成長をスタッフがちゃんと見ていて新リーダーに任命したわけですよ。

Y 頑張ります!

J でも、夜は早く寝てください。夜中にYUUちゃんからいろんなデータが送られてくるから起きてることも多いんだけど、無理しすぎないでね。

-最後にYUUさん、地元福井のみなさんに向けてメッセージをお聞かせください。

Y 福井には3回ほどライブに来ているんですけど、やっぱり地元でライブできるというのはすごくうれしいです。地元の皆さんにRY'sのライブを見ていただくことは活動目標の一つなので、他のメンバーに福井のおいしい食べ物をいっぱい知ってもらったり、冬のリアルな寒さを感じてもらえたりできるように(笑)、新リーダーとして頑張っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします!

MVフルバージョンは「GYAO!」で公開中。3月31日まで。