見る・遊ぶ

福井でベリーダンスフェス エジプトで活躍中の日本人ダンサー出演、生演奏も

エジプト政府のライセンスを取得し活躍する「Almaz of Cairo(アルマズ・オブ・カイロ)」さん

エジプト政府のライセンスを取得し活躍する「Almaz of Cairo(アルマズ・オブ・カイロ)」さん

  •  
  •  

 ベリーダンスイベント「Almaz of Cairo Festival in Fukui 2019」が5月11日、福井駅西の「響のホール」(福井市中央1)で行われる。

イベントを企画した玉城さん。「ドバイから福井に来た留学生と知り合ったことがベリーダンスを知ったきっかけ」と話す

 エジプトのカイロを拠点に、舞台、映画、テレビ番組、歌手のミュージックビデオなど多岐にわたる分野で活躍する日本人ベリーダンサー「アルマズ・オブ・カイロ」さんを迎えて行うイベント。福井市在住の英会話講師で、ベリーダンススタジオの代表でもある玉城美利香さんが中心となり、約1年掛けて準備を進めた。

[広告]

 当日はアルマズさんのほか、玉城さんや、福井在住のダンサー7組も加わり「世界最古の踊りと言われる」ベリーダンスのプログラムを展開。TAKSEEMAさん(ダラブッカ)、山宮英仁さん(同)、及川景子さん(バイオリン)、佐々木絵美さん(アコーディオン)、鈴木未知子さん(カーヌーン)らの生演奏が舞台に華を添える。

 アルマズさんに師事し、自らエジプトに渡って学んだ経験もあるという玉城さん。福井では出身地・沖縄の民俗舞踊「エイサー」の普及活動も行っているが、「ベリーダンスは過去に学んだ世界各地の民俗舞踊とは全く違う」。体への負担が比較的軽いことが特徴で、国内外問わず年配のダンサーも多いという。

 イベントは全国計4カ所で行われるツアーの一環で、生演奏があるのは福井だけ。玉城さんは「ダンサーと楽器奏者とが織りなす即興性を体感してもらえたら」と呼び掛け、「福井のベリーダンス人口はまだまだ少ない。日本人にはエジプシャンスタイルのベリーダンスが似合うと感じており、このイベントが福井とエジプトとの文化の架け橋となるよう本番に臨みたい」と話す。

 18時30分開演。料金は、2階席=4,000円ほか(席種によって異なる)。

  • はてなブックマークに追加