福井のマクドナルド1号店、29年の歴史に幕

同社キャラクター「ドナルド」が手を振る閉店告知ポスター

同社キャラクター「ドナルド」が手を振る閉店告知ポスター

  •  
  •  

 福井市の「マクドナルド福井駅前店」(福井市中央1)が、12月13日をもって閉店する。

同店外観。開店から29年を経て、両隣は「福井新聞まんなかプラザ」と、結婚式場「シンシア・リリィ」になった

 同店は、福井県内のマクドナルド1号店として1986(昭和61)年2月25日に開店。東京・銀座の日本1号店オープンから15年を経ての福井上陸とあって、同店店主も「開店当初を知る者から、自動ドアが閉まることがないほどの盛況ぶりだったと聞く。まさに、福井におけるマクドナルドの『顔』的存在だったのでは」と振り返る。

[広告]

 閉店の経緯について、日本マクドナルド(東京都新宿区)PR部は「個別店舗の閉店理由は申し上げられない」と説明。同社を傘下に置く日本マクドナルドホールディングス(同)は今年4月、店舗投資の加速に向け全国131店舗を年内に閉店するなどの「ビジネスリカバリープラン」を発表しており、同店閉店もその一環と推測される。

 近隣の市民からは閉店を惜しむ声が上がる。音響技術会社「レブコミュニケーションズ」(中央1)社長の木戸西秀一さんは「開店当時は隣にあった『松木屋』の楽器売り場担当で、店に来る高校生たちにナゲットをおごったり、逆に分けてもらったりしたことを覚えている。今もベテランとおぼしき店員さんを街で見掛けることがあり、閉店間近だと思うと感慨深い」と話す。

 店内に掲げられた閉店告知ポスターもフェイスブックでシェアされ、「ハッピーセットをどこで買えば…」「思い出があるだけにショック」「オープン日の行列を覚えている」などのコメントが寄せられている。店主は「29年にわたりご愛顧くださったお客さまに心よりお礼を申し上げる。お客さまとの笑顔あふれる思い出を胸に、近隣店舗などで再びお会いできることを楽しみにしている」と話す。

 同店閉店に伴い、JR福井駅から車で約10分の「8号線福井店」(北四ツ居町)が同駅から最も近いマクドナルドとなる。

  • はてなブックマークに追加