フォトフラッシュ

福井が舞台の青春小説話題に

集英社(東京都千代田区)が10月5日に販売を始めた壁井ユカコさんの小説「空への助走 福峰工業高校運動部」が現在、福井で話題になっている。昨年から今年にかけ壁井さんが同社文芸誌「小説すばる」に発表した短編3本と、書き下ろしをまとめた同書。福井にあるという設定の「福峰工業高校」「明日岡高校」「尋慶女子高校」などを舞台に、バレーボール、陸上競技、柔道、テニスなどの部活動に打ち込む高校生の群像劇を描く。学校は架空だが、JR福井駅前の恐竜モニュメント、足羽(あすわ)河原の桜並木(写真)、えちぜん鉄道、三国港など実在の場面が随所に登場する。

  •  
  •  

集英社(東京都千代田区)が10月5日に販売を始めた壁井ユカコさんの小説「空への助走 福蜂工業高校運動部」が現在、福井で話題になっている。

  • はてなブックマークに追加