福井・坂井に大型撮影スタジオ コスプレ愛好者仲間でDIY、巨大白ホリゾント売りに

同スタジオの白ホリゾントでコスプレ撮影を楽しむグループ

同スタジオの白ホリゾントでコスプレ撮影を楽しむグループ

  •  
  •  

 福井県坂井市に11月13日、撮影スタジオ「GFY PHOTO STUDIO」(坂井市丸岡町磯部福庄、TEL 050-5892-8426)がオープンした。

同スタジオのウェブサイト。12月末日までのキャンペーン料金情報も掲載している

 施設面積は約900平方メートル。横=12.74メートル・縦=6.37メートルという大型の白ホリゾントが呼び物で、福井県内のコスプレ愛好者などでつくるグループ「コスプレ楽々」の代表・西川ひかるさんが中心となり、構想開始から約3年でオープンにこぎ着けた。

[広告]

 自らもレイヤー(=コスプレイヤー)という西川さんは「中学3年生の時『コミックマーケット』で初めて見たレイヤーさんの姿に感動したのが原体験。『黄金聖闘士(ゴールドセイント)』や『ジョジョの奇妙な冒険』、最近の作品なら『おそ松さん』など、一つのジャンルで多人数のレイヤーさんが並ぶような光景を見てみたいと大型の白ホリゾントにこだわった」と話す。

 北陸のコスプレ事情に詳しい西川さんによると「撮影スタジオでは北陸最大級の広さ」。物件探しでは、あわら市から越前市にかけての福井県嶺北エリアを訪ね回った。「物件探しが難航する中、地元紙に『スタジオとして使える建物を探している』という小さな広告を載せた」ところ、大家から繊維工場跡の紹介を受けたという。

 仕事の合間にこつこつと準備を進める西川さんの熱意が、コスプレ仲間などの共感を呼んだ。スタジオは電気配線など一部を除き、延べ約30人によるセルフリノベーション。一度に約20人が利用可能な更衣室などコスプレに欠かせない設備を整える一方、DIYの限界をあえて逆手に取り、廃テレビやがれきなどを積み上げられる「廃屋風」の撮影空間も設けた。

 「ネットでコスプレのノウハウが広がり、ウィッグなどの材料も低価格化が進んでいる。増え続ける地方在住のレイヤーさんの活動を後押しする場となれば」と西川さん。レイヤー向けスタジオという構想から始まったが「バイクや車など大型機材が運び込める広さが自慢で、ユーチューバーの動画撮影やCM撮影などの一般利用も呼び掛けたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は10時~23時。料金は、月曜~金曜=8時間3,000円、土曜・日曜・祝日=同4,500円(いずれも1人当たり)など。

  • はてなブックマークに追加