食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

福井駅西口「ハピリンモール」、出店ラインアップ発表 北陸初登場の店舗も

開業に向け準備が進む「ハピリン」

開業に向け準備が進む「ハピリン」

  •  
  •  

 福井市のデベロッパー「福井駅西口開発」(福井市中央1)が3月30日、福井駅西口に4月28日開業予定の商業施設「ハピリンモール」の概要を発表した。

北陸初出店となるバーガーキングの看板メニュー「ワッパー」

 明らかにしたのは、福井駅西口再開発ビル「ハピリン」1階・2階にある同モールの店舗ラインアップ。「○(まる)ごと福井のお楽しみ」をコンセプトに、飲食店、土産店、旅行代理店、和雑貨店など計20店が出店する。同社担当者は「モールを福井色(しょく)の玄関口と位置付け、知る人ぞ知る福井の姿を発信していきたい。福井の楽しみを味わいたいとき、真っ先に『ハピリン』を思い浮かべてもらえる存在になれば」と話す。

[広告]

 飲食店では、同ビル建設に伴い新装移転する居酒屋「おたん」、立ち飲みありの割烹料理店「くずし割烹 ぼんた」、森國牧場(西下野町)直営の「ジェラート トリノ」、福井県産そば粉100パーセントをうたう「あみだそば 福の井」などが出店する。ハンバーガー店「バーガーキング」、カフェ&バー「プロント」、唐揚げ店「がブリチキン。」など北陸エリア初の店舗もある。

 福井の老舗土産店「かゞみや」、県内の伝統工芸品など和雑貨が並ぶ「Kirari」、福井の地酒や酒のさかなを扱う「これがうまいんじゃ大津屋」など、土産・雑貨店もそろう。福井銀行(順化1)は、女性向け営業拠点「WiL(Woman's inspiration Library)」を設け、人型ロボット「Pepper」をスタッフとして配置する。

 同ビルは地上21階・地下2階建て。同モールのほか、屋根付き多目的広場「ハピテラス」、8K映像を投影可能なドームシアター「セーレンプラネット」、福井市子ども一時預かり所「の~び・のび」、福井市観光物産館「福福(ふくぶく)館」、分譲マンションなどを併設する。地下1階には、75台収容の駐車場も設ける。

 開業記念として同日、同ビル2階のイベントホール「福福小屋」で笑福亭鶴二さん・瓢家萬月さんの「福福寄席」を行うほか、ゴールデンウイーク期間中、「ふくいお肉マルシェ」や「音楽フェスタ LIVEステージ」などのイベントを予定する。

  • はてなブックマークに追加