プレスリリース

国産BIM建築設計システム「GLOOBE(グローブ)」の最新版、施工支援とCGプログラムを拡充し、2020年11月18日(水)発売

リリース発行企業:福井コンピュータアーキテクト株式会社

情報提供:

福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)では、BIM建築設計システム「GLOOBE」の設計支援機能を強化し、新たに施工支援プログラムとCGプログラムをラインナップに加えた「GLOOBE 2021」を2020年11月18日(水)に発売します。



国土交通省では、建設現場の「生産性革命」と「働き方改革」の実現に向け、設計・施工・維持管理といった各段階におけるBIM/CIMの普及拡大と、建設生産・管理システム全体で3次元データを活用するための環境整備に取り組んでいます。今回発売する製品は、設計・施工・維持管理までの一連のプロセスにおけるBIMデータの連動性を高めるため、設計と維持管理機能を搭載する「GLOOBE」をベースに、仮設・土工といった施工支援プログラム「GLOOBE Construction」を新たに開発しました。またプレゼンテーションを支援するCGレンダラー「GLOOBE V-style」をオプションとして追加。各プログラム間におけるシームレスなデータ連動で、効率的なBIMデータ運用を実現します。

【GLOOBE 2021の概要】
■GLOOBE Architect(設計BIM)※従来のGLOOBEから改称
建築基準法、法規、確認申請など、国内における建築設計業務をさらに効率化する多彩な機能を拡充。
■GLOOBE Construction(施工BIM)※新ラインナップ
仮設計画および土工計画を支援し、3D点群による地形データ連携、ICT建機へのデータ連携が可能。
■GLOOBE V-style(CGレンダラー)※GLOOBE Architctの新オプション
高性能レンダリングエンジン“V-Ray”を搭載し、フォトリアルなCGでプレゼンテーション力を飛躍的に向上。

【リリース日】
2020年11月18日(水)

【価格】(税抜)
■GLOOBE Architect
基本パッケージ:150,000円/年額(使用権販売)
■GLOOBE Construction
仮設計画・土工計画:各60,000円/年額(使用権販売)
■GLOOBE V-style
(オプション):200,000円(ライセンス販売)

【新機能のご紹介】
https://prtimes.jp/a/?f=d44884-20201014-3551.pdf

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home