3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

こんなマスクがほしかった!日本の技術を結集して「高機能×デザイン×サスティナブル」を叶えた天然素材の夏マスク『COOL BAMBOO』7/8発売

リリース発行企業:WABIWORLD

情報提供:

7月8日(水)、服飾雑貨プロデュース企業「WABI WORLD(東京都渋谷区・代表 新村牧子)」は、高機能かつシンプルな伝統柄で飽きの来ないサスティナブルな夏マスク「COOL BAMBOO」を発売します。 同商品は、日本に点在する優れた素材や加工技術などを結集して制作したもの。銅や竹の天然素材メーカーや海外での受賞経験もあるイラストレーター、刺繍加工に定評のある縫製工場がそれぞれの技術を結集し、かつてない「高機能×デザイン×サスティナブル」を兼ね備えた布マスクが完成しました。※販売はクラウドファンディングサイトMakuakeにて(8月8日(土)まで)


■背景/マスクは「暑い」「コーデが気になる」新たな環境問題の原因にも
・マスク着用時の悩みとして93%の人が「暑い、蒸れる」、また61.5%の人が「マスクとファッションのコーディネートが気になる」と回答(出典:ハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」によるアンケート)
・大量の使い捨てマスクが海岸に漂着するなど新たな環境問題も引き起こしている

■ポイント/日本の技術を結集!「機能×デザイン×サスティナブル」を叶えた夏マスク

・全国に点在する素材メーカー、刺繍加工会社、イラストレーターの技術やセンスを、服飾雑貨ブランド「WABI」がプロデュース
・夏にうれしい6つの機能「抗菌・防臭・遮熱・冷感・UVカット・静電気カット」も実現
・植林しなくても繁殖する「竹」からつくった繊維糸「バングロ」を使用したサスティナブルなマスク
・柄は江戸の町人に愛された柄から着想したオリジナルデザイン


■天然竹繊維糸「バングロ」/内側全面に使用。肌荒れ、不快感を防ぎ、独特の清涼感がつづく。
素材提供元:株式会社 infoBANK
外側の生地には、MU_TECHの遮熱クーリング素材も採用。


銅繊維「ORIAMI 純銅 Copper」/フィルターに採用。純度99.99%の銅で天然の抗菌効果


素材提供元:石川金網株式会社


柄はオリジナルの「EdoAmi STRIPE」/江戸の町人が着物の裏にあしらった柄から着想し制作
華美を禁じられた江戸の町民が着物の裏地に採用していた「縞(しま)」や「籠目(かごめ)」模様から着想し3つの柄を新たに起こしました。

<イラストレーター 聖柄さぎり>
国際平和美術会会員。第25回アート ムーブコンクール入選 / Nano Gallery賞(2020)など受賞多数. https://sagirin.jimdofree.com/
■製造は刺繍加工が強みの株式会社オーキッドが担当/立体的な刺繍加工が得意でメディア実績も多数。

素材提供元:株式会社オーキッド
素材提供元:株式会社オーキッド
<株式会社オーキッド>
1988年創業。主事業は服飾繊維製品への刺繍を中心としたOEM製造加工。長年蓄積された多種多様な商材への加工方法のノウハウや刺繍だけじゃない昇華プリント機、レーザー加工機など複数の加工技術を組み合わせた多様な加工を自社で一貫して行えることが強み。独自の刺繍加工技術「せと刺繍(R)」は様々なアーティストとのコラボ企画や自社ブランド事業なども行う。
■商品仕様
ファッション性を持たせながらもビジネスシーンなど日常でも違和感なく、かつ長く愛用してもらえるように色は日本の伝統色から6つを指定。洗えるだけでなく長く使えるという意味でもサスティナブルです。
1:露草(つゆくさ)ブルー

露草の花に見る色。この花をすりつぶした汁を青華といい、古来より染め物をする際の下絵を描く際にもちいられた色です。万葉人はこれを着草(つきくさ)と呼び、これで衣を染めたこともあったそう。


2:わすれなブルー(薄青)

わすれなぐさの花に見る、可憐でやわらかな青を指します。英語名では「forget-me-not blue(フォゲットミーナットブルー)」といいます。


3:素色(そしょく)

繊維そのものの色のこと。フランス名の「ベージュ(beige)」や「エクルー(??cru)」と同じ意味の色名ですが、日本にはずいぶんと古い時代からこの名があったと言われています。


4:媚茶(こびちゃ)ブラウン

楊梅(やまもも)の皮を用いて鉄媒染(てつばいせん)と呼ばれる染め方で染めた色のことで、楊梅色(やまももいろ)ともいいます。江戸時代には茶色や鼠色などの中間色が多く出回りましたが、媚茶はそのなかの流行色だったそうです。


5:銀鼠(ぎんねず)グレー

金属の銀には独特の光沢感がありますが、日本の色名としての「銀鼠」にはもともと光沢の意味はなく、「あかるい色」の形容でした。つまり「銀鼠」は明るいグレーのこと。英語名では「silver gray」といいます。


6:浅葱鼠(あさぎねず)グレー

「浅葱(あさぎ)色」とは、ごく薄い藍色のこと。「浅葱鼠(あさぎねず)」は、わずかに浅葱がかった灰色に近い色のことをいいます。


<サイズ>
◎マスク/タテ:14.5cm ヨコ:20.5cm 重さ:150g
素材:天然竹繊維糸「バングロ」、遮熱クーリング素材MU-TECH、銅繊維シート「ORIAMI」

◎マスクケース/タテ:14.5cm ヨコ:14cm 素材:本牛革
立体マスクを収納できるオリジナルースも同時販売。マスクと同様、内部に銅繊維「ORIAMI純銅 Copper」を
縫製してあるため収納時の抗菌効果も大。色は「ブラウン」「ワイン」「ネイビー」。柄はマスクと同じ「EdoAmiSTRIPE」と「WABIオリジナルモノグラム」の2パターン。

■プロジェクト概要/7月8日(水)Makuakeにて先行販売開始

●タイトル:日本の粋を集め“機能×美”を極めたハイブリッドマスク『COOL BAMBOO』
     (Makuake URL:https://www.makuake.com/project/coolbamboo/
●期  間:2020年7月8日(水)~8月8日(土)
●目標金額:10万円
●リターン:◎COOL BAMBOO×1枚 (超早割3320円 早割3490円)
◎COOL BAMBOO×1枚+ケース×1個 6590円(超早割6590円 早割6800円)
◎COOL BAMBOO×2枚+ケース×2個(超早割11600円 早割12340円)
◎COOL BAMBOO(2枚)+ケース(2個)+工場見学ツアー 29800円
◎刺繍オプション 300円

■事業者概要/WABI WORLD(https://wabi.world/


アメリカ・ニューヨークにてXXXX年に創業した服飾雑貨ブランド。アメリカで5本の指に入るECサイトで日本ブランドとして初出店を果たし3日間で200個を販売するなど、国内外のデザイナーとコラボしながら日本の技術や文化、感性を世界へ発信し続けている。代表作は「Hozuki-Lantern」。


2020年2月にはイタリア・ミラノの革製品で名高い「MIPEL展」にて日本代表に選出され主催者よりトレンドエリアにも選ばれる。
MIPEL展

WABIクリエイティブディレクター・新村牧子

カルチュア・コンビニエンス・クラブにて映画プロデューサーとして海外4大映画祭やアジアにて映画の買い付けを行う。その後CCCからの新会社にて経営陣として海外展開に携わる。退社後はテキスタイル、生活文化産業へ転身。ニューヨークにて日本の着物からインスパイヤのものづくりをベースとする服飾雑貨ブランドを「WABI」立ち上げ、日本の技術や文化を世界へ発信し続けている。渡航国15ヶ国以上。

WABI WORLD
東京都渋谷区桜丘町 4-6-603
TEL:050-5375-9619(高山、新村)
TEL:090-8513-4785(新村)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home