3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

【アフレル・新発売】20万円を切る 仕分けの自動化を実現するAIロボットアーム

リリース発行企業:株式会社アフレル

情報提供:

株式会社アフレル(福井県福井市 代表取締役社長 小林靖英 以降「アフレル」)は、AIを用いた画像認識技術を使い、部品・商品を自動仕分けする「小型ロボットアーム DOBOT Magician(R)」※1のセットを新発売します。このセットは工場等での仕分け現場での活用と、AI自動制御を学ぶ高等専門教育機関に向けた産学応援対応となっています。新発売を記念し、期間限定での特別価格を設定した「AI仕分け自動化&学習 推進キャンペーン」を実施します。 【発売商品名】 製造業・流通業向け:「AIワーク選別自動化セット」 https://afrel.co.jp/product/dobot/corporate 教育機関向け   :「AI(画像認識)商品仕分け学習セット」 https://afrel.co.jp/product/dobot/academic






(製造業・流通業向け)「AIワーク選別自動化セット」について

従来生産現場において人手で行ってきた小型部品・商品のワーク選別作業を、AI(機械学習)を用いた画像認識によりロボットアームで自動仕分けを行います。小型ロボットアームは人との協働作業が可能で、変更性、可用性に柔軟な対応が可能です。







(教育機関向け)「AI(画像認識)商品仕分け学習セット」について

AIを用いた画像認識による小型ロボットアームを活用した、画像認識、仕分けシステム制御、機械学習、深層学習(Deep Learning)を学ぶセット。






新発売記念 【AI仕分け自動化&学習 推進キャンペーン】






※1 小型ロボットアーム DOBOT Magician(R)
基礎的なロボットアームの学習から4軸制御で発展した制御まで可能な卓上サイズの小型ロボットアームです。15万円前後の価格帯ながら、取り換え可能なツールヘッドとして、グリッパー、吸盤キット、ライティング&ドローイング、3Dプリンタ等があり、位置繰返し精度0.2mmの高精度で、正確で繊細な作業が実現できます。また、Webカメラを接続すれば画像処理によるロボットアームの制御学習が可能です。プログラミング言語「Python」で動作させることができ、tensorflow、keras、opencvなどのライブラリーを利用し、画像認識・機械学習(CNN)・深層学習(Deep learning)といった技術を活用できます。また、事前の安全教育等が不要な本体は、設置や利用場所が限定されにくく、様々なシーンでの活用可能です。( https://afrel.co.jp/product/dobot

【株式会社アフレルについて】http://afrel.co.jp/
DOBOT Magician(R) 日本正規代理店。明るい未来社会づくりに向けて、企業エンジニア、教育機関、アフタースクール、家庭まで幅広い教育支援サービスを提供。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育支援サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home