福井・敦賀で「浴衣帯結び展」 力作20点、「自分でできる帯結び」テーマに

浴衣の後ろには、教室生からのアドバイスが書かれている

浴衣の後ろには、教室生からのアドバイスが書かれている

  •  
  •  

 福井県敦賀市の敦賀信用金庫本店(敦賀市本町1、TEL 0770-22-3500)で現在、「浴衣帯結び展」が行われている。

 同市内にある「川島外喜枝きもの学院・礼法教室」(同)講師・川島外喜枝さんと、同着物教室生12人による作品展。川島さんは「夏祭りや花火大会など浴衣を着る機会が多いこの時期、和装をもっと身近に感じるきっかけになればと企画した」と話す。

[広告]

 会場には「自分で結べる帯結び」をテーマに、リボンや花をモチーフに浴衣の魅力を引き出した作品20点が並ぶ。来場者の一人は「こんなすてきな帯を自分で結んで、祭りに行けたら」などと話し、作品に見入っていた。

 同市内では、8月16日に「とうろう流しと大花火大会」が、9月2日~4日に「敦賀まつり」が行われる。川島さんは「会場に並んでいる帯は、こつをつかめば短時間で簡単に結べるものばかり。作品を参考に自分で浴衣を着て出掛けてもらえれば」と話す。

 開催時間は9時~15時。土曜・日曜・祝日定休。入場無料。9月7日まで。

  • はてなブックマークに追加